番茶

  • 青柳
妙香園の番茶

軽い渋味 飽きのこない喉ごしと味わい

抹茶や玉露、煎茶などがやわらかい若葉からつくられるのに対し、番茶には主に夏から秋に摘まれる二番茶が使われます。揉まずに天日で乾燥させるので葉の形そのまま。大ぶりでやや硬いことから成分は溶け出しにくいですが、軽い渋味と香ばしさによるさっぱりとした喉ごしと味わいは、日に何度飲んでも飽きません。

カテキン類が多く含まれるため、気分をリフレッシュしたいときに最適。食事時のお茶としても親しまれています。価格も手ごろ。大きめの急須でたっぷり淹れましょう。